身近な素材で毛髪を洗う

身近な素材で毛髪を洗う

毛髪に優しいシャンプー、昔ながらの知恵を取り入れたシャンプーには、身近にあるものを原料にしたものがたくさんあります。温泉施設などで見かけるのが炭シャンプーです。頭皮や毛穴に付着したしつこい汚れをスッキリ洗い上げる洗浄力が人気だそうです。洗浄力、汚れの吸着力で選ぶなら、泥シャンプーもお勧めです。
伝統的な美容法を取り入れているのが、米ぬかシャンプー。黒くて長い髪が美人の条件だった平安時代の女性も、米ぬかで髪を手入れしたと伝わっています。しっとりツヤのある洗い上がりが米ぬかシャンプーの魅力です。同じく毛髪に良いといわれる海藻類の成分を配合したシャンプーも根強い人気です。柑橘類に含まれる天然の洗浄成分で皮脂を落とすシャンプーもあります。
最も多いのがオレンジやみかんのシャンプーで、レモン・グレープフルーツのシャンプーも販売されています。自然の爽やかな香りも魅力です。しっとり感・ツヤ感を重視するなら、昔ながらのオイル系シャンプーはいかがでしょうか。ツバキ油は江戸時代の女性たちにも欠かせない美容アイテムだったそうです。ツバキ油配合のシャンプーは、黒髪を美しく見せてくれます。スキンケアにも重宝されている馬油のシャンプーも定番です。
身近な素材を使ったシャンプーでも、洗浄力を補助するために強い成分が配合されているかもしれません。パッケージに惑わされず、成分表記も確認してください。

ホーム RSS購読 サイトマップ